オールインワンジェル×オーガニック完全ガイド

 

肌への優しさや負担になるものを極力使わない「無添加」や「オーガニック」のスキンケアが当たり前になってきています。スキンケアだけならず食品やコスメに至るまで、さまざまな分野でオーガニックが王道に。しかし、何を基準にオーガニックなどとうたわれているのでしょうか?無添加といっても、一切添加物を含まないかというとそうではありません。数あるスキンケア商品の中でも、今回はオールインワンジェルのオーガニックといわれる条件について説明したいと思います。

 

オーガニックとは?

そもそも、オーガニックという言葉を考えたとき、最初に思い浮かべるのは「有機栽培」や「無農薬」といった食品関係でしょうか。スキンケア商品に関しても、あながち間違いではありません。

 

スキンケアにおけるオーガニックというのは、

【農薬など合成成分を使わずに栽培された、有機素材が原料の化粧品】を指すと言われていますが、実際のところ日本にはスキンケアにおけるオーガニックの明確な規定はなく、各化粧品メーカーが独自に定めているというのが現状です。

 

しかし、各メーカーとも少しでも消費者の方に安心をお届けできるよう、オーガニックコスメの開発には日々努力を重ねて取り組んでいます。
オーガニックコスメと呼ばれるものには、肌へ刺激を与える原因となる化学物質を含まないことで、敏感肌や荒れた肌にも安心して使えるというメリットがあります。素材の良さを最大限活かした製品が多く、人工物に頼らず人間が本来持っている自然治癒力を高めるスキンケアが目的。

 

オーガニックとの違い!無添加・天然由来・自然派はまったく別物!

無添加や自然派というと、オーガニックというイメージがありますよね。でも実はまったく意味が違うんですよ!それぞれの意味を理解しておかなければ、自分ではオーガニックだと思って使っていても実はまったく違うなんてことも考えられます。
では、実際によく混同されがちなオーガニック・無添加・天然由来の特徴を見ていきましょう。

 

*オーガニック

先ほども記述しましたが、日本のコスメにおける「オーガニック」の定義は確率していません。
しかし、食品にはオーガニックの厳格な規定がありますので、それを例にご紹介します。
オーガニックは直訳で「有機の(栽培)」という意味です。化学的な合成肥料や農薬を使わず、有機肥料のみで野菜などを栽培すること。
極端に言えば添加物の有無に関してはあまり関係のない言葉なのです。

 

*無添加

防腐剤や界面活性剤など、人工的な添加物が含まれていない製品を指します。パラベンフリー、アルコールフリー、合成着色料や鉱物油・合成香料不使用などの化粧品がこれに当てはまります。

 

しかしこちらも、ただ「無添加」と表示されているだけのものは要注意。香料や着色料が入っていないだけで「無添加」と名のれるからです。

 

*天然由来・自然派

よく聞くのが「天然成分」や「天然由来成分100%」という言葉。
「天然成分」なら天然のものから生成された成分で、化学処理をしていないため、最も天然に近い成分と言えるでしょう。
しかし、「天然由来成分」になると話は違います。「天然成分」に化学的な処理を加えたものだからです。つまり、。天然由来=無添加やオーガニックという意味ではないのです。

 

完全オーガニック・化学物質・添加物は一切無添加・原料は全て天然
そんなスキンケアを心掛けたいなら、買う前に必ず成分表示表をチェックしましょう。

 

オーガニックと呼べるオールインワンジェルはどれ?

実際にオーガニックとうたわれていても、本当そうとは限りません。天然成分を多く含んでいるからオーガニックといっているだけの製品もあります。「オラクル」や「HANAオーガニック」などはオーガニックコスメの鉄板ですが、オールインワンジェルを扱ってはいません。

 

そもそも、オールインワンジェルの性質として、忙しい日本の女性の為に生まれた「スキンケアの手間を最小限にした商品」ということが大前提。
本来、化粧水→乳液→美容液→化粧下地という幾つものステップを踏むべきところを、あえて簡単に1つのステップで完了できるよう、ゲル状になっているのですね。
つまり、本来は液体状のものに「何か」を混ぜてゲル状にしているわけで、その時点ですでに固めるための「何か」が加えられているわけです。この場合、多くは水溶性ポリマーやシリコンの類を使用していることが多いようです。そして、どうしても避けて通れないのが防腐成分。食品だって、ゼリーを何日間も常温で置いておけば腐敗してくるのは当たり前。なので、必然的に「無添加のオールインワンジェル」というのは難しいのです。

 

しかもその上、オーガニックや天然成分にこだわったオールインワンジェルを探し出すのは至難の業。
しかし、当サイトはその中でもこんな商品を見つけてきましたよ!

 

*オーガニックハーブカレンデュラ オールインワンジェル

原料のハーブは無農薬・無化学肥料で栽培されている

北海道と静岡県の完全国産ハーブを使用したオールインワン製品です。これ1つで5役(化粧水・美容液・乳液・パック・化粧下地)
カレンデュラをベースに、ヘチマ水やクマザサエキスなど8種類の成分で構成されています。通常ジェル化するためにはゲル化剤などを使いますが、この商品はカンテンを使用しています。
成分の中に「プロパンジオール」や「ココイルアルギニンエチルPCA」という文字があり、心配される方もおられるかも知れません。しかし、どちらも天然の植物から作られる成分で、プロパンジオールは保湿力を高め、ココイルアルギニンエチルPCAはニキビ菌などを抑える制菌効果があり、安全性の高いものです。

カレンデュラってどんなもの?

カレンデュラとはキク科のハーブで、とってもキレイなオレンジ色の花です。古来から怪我をした時の傷薬として応急処置に使われてきたそうです。
オレンジの色にもまた、意味があります。これはビタミンAの元・カロチンが含まれている証拠なのです。

オーガニックハーブカレンデュラ オールインワンジェルのデメリットはある?

防腐剤を一切使用していないので、開封後は60日以内に使い切らないといけないこと。そして、合成香料を使用していないため、野菜のような匂いがほんのりします。植物の青臭さが苦手な方は少し気になるかもしれませんね。ただし、これもオーガニックや無添加を追求した結果なのです。

詳しくはコチラ

 

*プレナス オールインワンパーフェクト

16種類のオーガニック植物成分が配合されている

潤い補給エキスとして、セージ葉エキス、ゴボウ根エキス、カニナバラ果実エキス、カミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、ヨーロッパブナ芽エキスを配合。
柔らかお肌のためのエキスがシアバター、ハイブリットサフラワー油、オリーブ油。
心を癒やすアロマ成分は、ゼラニウム、ラベンダー油、ローズマリー油、カミツレ油。合計16種ものオーガニック成分が配合されているのです

長野安曇野の工場で丁寧に作られている

名水百選にも選ばれた北アルプス天然水を贅沢に使用。長野県、安曇野の工場でひとつひとつ丁寧に製造されています。

ナノ化したヒト型セラミドと4種の美容成分でずっとうるうる肌


人の肌と同じ構造を持つヒト型セラミドを配合しているため、うるおい肌をずっとキープします。
その上、4種の美容成分が配合されているので弾むようなハリのある肌を実現。

プレナスオールインワンパーフェクトは無添加なの?

残念ながら、完全無添加とは言えないようです。
配合成分を見てみると、ラウリン酸ポリグリセリル−10やフェノキシエタノール、ベンジルアルコール、安息香酸などある程度の添加物は含まれています。
しかし、天然が全て良いと言うわけでもありません。考えてみて下さい。人がかぶれやアレルギーを起こす原因は松ヤニやスギ花粉など、天然のものが多いのも事実。そう考えると、化学的な化合物=すべてNGというわけでもないのです。自分の肌質をよく理解して、それぞれにベストなスキンケアを選びたいものですね。


詳しくはコチラ

次は、ゲル化のために多少の化合物は添加されている商品ですが、コスパが良いので絶大な支持を受けている無印の人気商品。

*無印良品 オーガニックオールインワン美容液ジェル

岩手県釜石の天然水から作られたオールインワンジェルです。これ1つで化粧水・美容液・乳液の役割をします。
オーガニック植物エキスが8種類そして、アロエベラのうるおい成分と、香料として配合されているエッセンシャルオイルもオーガニック原料で構成されています。こちらの商品は合成香料や着色料、鉱物油・アルコールは全て無添加。※成分表の中に「フェノキシエタノール」という表記がありますが、これはアルコールとは全く別物ですのでご安心を。
ゲル化するために多少はポリマー類が配合されていますが、オールインワンジェルでここまで原料をオーガニックにこだわり、なおかつ低価格に設定されている商品はなかなか見当たりませんね。


 

オーガニックだからこそのデメリット

「オーガニックだから安心!」「オーガニックなら間違いない!」と思われている人も少なくありません。しかし、オーガニックだからこそのトラブルもあります。

 

例えば、ナッツアレルギーを持っている人がナッツオイルを使った製品を使えば、アレルギー反応を起こして当然です。
どんなに高品質で化学物質を含まないといっても、原料自体にアレルギーがあれば使えません。無駄に加工されていないことによって、強いアレルギーを起こす可能性も否定できません。
「食物アレルギーだしあんまり関係ないかも!」と楽観視しないでください。オーガニック製品には、きゅうりなどの野菜類・柑橘類などのフルーツエキスが使用されているものが多いのです。となると、身近な食品アレルギーの人が使ってアレルギー反応を起こす可能性が低くはありません。

 

自分の体質に合わない成分が入っていないか、使用前に必ずチェックしましょう。相性の合う製品を使うことが何よりも大切です。
オーガニックだからと安心できない肌質の方もいます。むしろ添加物が含まれている製品の方が向いている可能性だって考えられるんですよ!無添加でオーガニックだからこそ冷蔵庫保管が必要な製品も。面倒だからと常温保管すれば傷んでしまい、それを使えば肌へも悪影響ですね。正確面でも合う合わないを確認した上で使用するように注意しましょう。

 

まとめ

どちらかというとオーガニックのイメージが強く、こだわりがあるのは海外でした。しかし、現在の日本でも安全性の高い製品が求められるようになり、スキンケア商品のオーガニック化は進んでいます。オーガニックのオールインワンジェルは、まだまだ製品数も少ないです。しかし、これから先もっとたくさんの製品が登場することでしょう。オーガニックというだけで体や肌によさそうなイメージを持ちますが、デメリットの部分も知った上で利用しましょう。あなたの肌が本当に求めているものだけ与えてあげましょうね!

 

おすすめ記事

写真つき!ボタニカルオールインワンジェルの商品をレビューします♪

効果・症状別で探す

オーガニック 美白 低価格
乾燥肌 ニキビ 毛穴
敏感肌 年代別 塗り方

2017年 冬のNO1選んでみました!

人気企画!オールインワンジェル2トップの成分比較