メディプラスゲルは妊娠線予防としても使える!?成分と効果とは

赤ちゃんができるのはとてもおめでたいこと。

お腹が大きくなるにつれて、喜びや期待もふくらんでいきますね。
でも、大きくなるお腹に伴って妊娠線ができてしまい、後々まで残ってしまうのは困りもの。

 

乾燥肌のケア製品として有名なメディプラスゲルは、妊娠線予防としても使えるのをご存じでしょうか?
その理由や効果について詳しく解説していきますので、妊娠線の予防方法を考えている方は参考にしてみてください。

 

妊娠線ができるメカニズムを知ろう!

妊娠線とは、妊娠により急激に大きくなったお腹などに、ギザギザした形の跡ができることです。
これは、肉割れやストレッチマークとも呼ばれているもので、妊娠時に大きくなるお腹や胸、おしり、太ももなどに発生したものを妊娠線と呼びます。
妊娠線は、体質によってできやすい人もいますが、適切なケアによって予防することも可能です。
まずは、妊娠線ができるメカニズムを知って、どういった予防方法があるのか考えてみましょう。

 

妊娠線は真皮層の断裂が原因

人間の皮膚は層のようになっていて、一番外側の表面にあるのが「表皮(ひょうひ)」、その下にあるのが「真皮(しんぴ)」、一番内側が「皮下組織」と3つに分かれています。
一番外側にある表皮は、やわらかくて伸縮性があるので、急激に太ったり妊娠でお腹が大きくなってもそれに伴って伸びることができます。
しかし、表皮の下にある真皮や皮下組織のコラーゲン繊維などは弾力性がないので、急激な伸びについていけずに裂けてしまうのです。
この裂け目が、表皮に透けて見えるのが肉割れ、妊娠線の正体です。妊娠線のできた部分をさわってみると、立体的にデコボコしていて、表皮の下で裂け目ができているのがわかります。

 

最初のうちは、皮膚の下の毛細血管が透けて見えるので、赤紫色で目立っていますが、年数がたつと白っぽくなって目立ちにくくなります。
それでも、一度できてしまった妊娠線はなかなか治らず、出産後もずっと残ってしまうので、水着になったり肌を露出させることに抵抗を感じる人も少なくありません。
肉割れは成長期の子どもや急に太ってしまった人にもできやすく、気付かない内にできることが多いので予防しにくいものです。
ですが、妊娠線の場合はお腹が大きくなる時期が予測できるので、事前に予防することが可能なのです。

 

妊娠線と正中線の違い

妊娠線とよくまちがわれやすいのが、正中線というもの。
これは、おへそを中心にして縦にできる1本の茶色っぽい線のことです。
妊娠してお腹が大きくなってくると目立つ人もいますが、正中線はもともと誰にでもあるもので、出産後は自然と目立たなくなります。
お腹が大きくなって皮膚が薄くなることによって目立ってきたり、妊娠中にホルモンバランスが崩れて、メラニン色素が増えて濃くなることなどが主な原因です。
自然に薄くなるものですが、気になる人は、お腹の保湿をして新陳代謝を活発にさせることで目立ちにくくできます。

 

妊娠線ができやすい人と予防方法について

 

妊婦さんの半数ほどの人が経験している妊娠線ですが、できにくい人もいればできやすい人もいます。

 

若いうちは肌にも弾力があり、真皮も伸びやすいので妊娠線は比較的できにくいものです。
しかし、高齢になってからの出産は皮膚のハリや伸縮性が減ってきているので、真皮が伸びにくく妊娠線ができやすくなります。
特に、2回目以降の出産の場合は子宮が伸びやすくなっているので、最初の妊娠よりも急激にお腹が大きくなることが多いのです。
そのため、最初の妊娠の時には妊娠線ができなかったとしても、「最初の時にはできなかったから」と、ケアを怠ったことにより、余計に妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

また、血行不良やお肌の乾燥を放置していると、真皮の伸縮性や新陳代謝が悪くなって、妊娠線ができやすくなります。
お肌のケアをすることで妊娠線をある程度予防することはできますので、「妊娠したら妊娠線ができるのはしょうがない・・・」と諦める前に、保湿などのケアを欠かさないようにしてみましょう。

 

 

 

メディプラスゲルで妊娠線を予防

 

妊娠線ができる原因は、大きくなるお腹の伸びについていけない真皮の断裂が原因です。
真皮の柔軟性を高めるには、保湿することがもっとも重要といえます。
お肌の表面にある表皮も、乾燥しているとカサカサして硬くなり、伸びにくくなるのがわかりますよね。
妊娠線の予防には専用のクリームやオイルが売られていますが、特別なものを購入しなくても、乾燥肌に効果的なメディプラスゲルによって妊娠線の予防ケアができますよ。

 

1.皮膚に弾力を与えて伸びやすくなる!

メディプラスゲルは、美容成分が豊富なオールインワンゲルです。
化粧水・乳液・美容液・クリームの4役をこれ1本でまかなってくれるので、敏感肌でふつうの化粧水が合わない人や乾燥がひどい人でも、摩擦を減らして正常なお肌に導いてくれます。
顔の美肌のために使用している人も多いと思いますが、メディプラスゲルは妊娠線予防にも効果的なのです。

 

その理由は、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸、高濃度セラミドなどのお肌のハリや弾力に効果的な成分が豊富に含まれているから。
妊娠線は真皮に伸縮性がないことが原因ですので、お肌の奥までしっかり浸透するナノ型ヒアルロン酸や超微粒子のスーパーコラーゲンなどによって、真皮の断裂を防ぐことにつながります。

 

2.妊娠中でも手軽に使える!

妊娠線を予防するために専用のクリームやマザークリームなどが売られていますが、妊娠してから自分に合うものを探さなくてはならないですよね。
敏感肌や乾燥肌の人は、化粧水でさえ自分に合うものがなかなか見つからず、合わないものを使ってトラブルになることも少なくありません。

 

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れて、ふだんよりもお肌が弱くなっているので、特に気を使います。
それに、だんだん大きくなってくるお腹や胸、おしりや太ももなど、いろいろな部分にクリームを塗ったり、乾燥させないように気をつけなければならないので、使いやすさも重要になります。
チューブ式のものなら、フタを開けてチューブからクリームを出して、フタを閉めて・・・それだけでも3つのステップが必要ですし、塗るのが面倒だとついついサボってしまいますよね。

 

メディプラスゲルならプッシュ式で使いやすく、オールインワンゲルなのでほかに化粧水やクリームが必要なく、手軽に全身に使えます。
敏感肌や乾燥肌の人も安心して使えますので、特別なクリームを探す必要もありません。
顔のケアのついでに全身に伸ばしていくだけの手軽さは、つわりがひどい人や体が重くなって動きにくい人でもありがたいですよね。

 

 

3.お肌に優しくコストパフォーマンスがいい!

妊娠中はなにかと物入りですし、これから生まれてくる赤ちゃんのために貯蓄をしておきたいところ。
ところが、妊娠線用クリームは50gで7,000円くらいするような高額なものが多いのです。
妊娠中しか使わないとはいっても、できれば妊娠初期からケアしたほうがいいですし、乾燥させないように1日に2回以上使うこともあります。
それに、買ってみても自分の肌に合わなかったり、においが気になって使わなかったりする可能性もあります。

 

メディプラスゲルは、たっぷり180gで税込み3,996円とお財布にも優しい価格。
妊娠後に余っていてもふだんのスキンケアに使えますし、高価な妊娠線用クリームと成分はほとんど変わらないのです。
妊娠線用といっても特別なことはあまりなく、お肌の乾燥を抑えて弾力を与えるのが目的ですから、メディプラスゲルは十分その役割を果たしてくれます。

 

また、特にお肌が敏感な人でも使えるように不要な成分は入っておらず、防腐剤も不使用なのでデリケートな妊婦さんでも安心して使えますよ。
初回の購入は1,000円割引、30日間全額返金保証もありますので、妊娠線を予防したい人は試しに使ってみることをおすすめします!

 

 

 

妊娠線はできる前のケアが重要

妊娠線は一度できるとなかなか治らないもの。
お腹にできた妊娠線は、赤ちゃんを育てた証なので、お母さんにとっては勲章のようなものですが、どうしてもお肌の傷跡はあまり人に見せたくないし自分でも気になってしまいますよね。
妊娠中は、ふだんの生活と違っていろいろ大変で、お肌のケアをする余裕もあまりないかもしれません。
それでも、少しだけでも自分をケアして休ませてあげる時間を作って、お腹を保湿しながら優しくなでて、赤ちゃんが生まれるまでの時間もゆっくり楽しんでくださいね。

効果・症状別で探す

乾燥肌 オーガニック 低価格
美白 ニキビ 毛穴